Archive

島原城薪能~引き継がれる伝統~

 日本が世界に誇る伝統芸能である「能楽」は、舞踏と音楽と演劇が一体となった総合芸術です。
江戸時代には、幕府の武楽(儀礼用の演劇)となり、島原城の能舞台では、藩主も盛んに能を催し、やがて領民にも広まり、藩主に招かれて上演しました。
島原には「能・狂言」の長い歴史と文化が伝承されています。また、島原藩の記録、松平文庫には、多くの能・狂言の教本が伝えられています。この歴史と伝統のある古典芸能を継承していこうと、昭和58年に「島原城薪能」として復活し、今日を迎えます。
島原の幽玄な秋を演出し、市内はもとより市県外のお客さまにも堪能して戴ける島原の大事な伝統行事のひとつです。
また、伝統を継承した島原子ども狂言やお茶のおもてなしも行われます。
今年はYouTubeライブ配信、地元ケーブルテレビ(カボチャテレビ、ひまわりてれび)生中継を実施。
会場に来れない方でもご覧いただけます!
島原薪能振興会ホームページ
http://www.takiginou.jp/新しいウインドウで(外部リンク)
開催情報
【開催日程】
令和3年10月9日(土曜日)
16時30分開場 17時開演
20時20分終演予定
【演目】
第一部 島原狂言
◎肥前島原こども狂言
◎和泉流狂言
 『蝸牛(かぎゅう)』 野村万禄
第二部 薪能
◎神事 火入れの儀
◎金剛流仕舞
 『笠之段』 向井弘記
 『玉之段』 赤星恵美
◎大蔵流狂言
 『口真似(くちまね)』 渋田昭典
◎金剛流能
 『半蔀(はしとみ)』 豊嶋彌左衛門
【開催場所】
島原文化会館
※新型コロナウイルス感染防止対策徹底のため会場が変更となりました。
【主催】
島原薪能振興会 http://www.takiginou.jp/
【お問合せ先】
島原商工会議所内 0957-62-2101
事務局      0957-62-2411
【入場料】
Category:
  イベント
this post was shared 0 times
 300